頼りになる佐賀銀行

佐賀銀行の運用商品

2020年の東京オリンピックが決まって、日本中がだんだんと活気付いてきたように感じます。まだ、はっきりとした実感は得られないものの、ニュースなどで賃金アップなど金融についての話題が出ると景気は回復傾向にあるんだろうという希望が湧いてきますよね。そうなると、未来の日本に期待をして株や不動産に投資をしてみようという気持ちも増してきます。そう思った時こそ、資産運用のベストなタイミングなのです。佐賀銀行では初心者でも挑戦しやすい資産運用商品を扱っています。

その一つが投資信託です。投資信託は、集めた資金を専門家が運用・管理してくれるので個人で投資するより安心して運用できる商品です。商品が豊富なので、安定した商品から変動の激しいギャンブル性を楽しむことができる商品まで様々あり、自分に合った商品を選ぶことができます。また、初めてで不安な時は、積立預金のように毎月少額ずつ積み立てて投資する金融商品もあります。銀行システム普及に伴い、佐賀銀行では「らくらくe投信」というサービスを開始しました。これは、インターネットを通じて投資信託の取引が行えるサービス(パソコンのみ)で、銀行が開いていない時間でも、どこからでも操作ができます。ですから、売買のタイミングを逃すこともありません。少し慣れてきたらこちらを利用すると便利でしょう。

投資信託のほかにも、外貨預金や公共債も扱っています。公共債は、国債や地方公共団体が発行する債券などです。こちらも安全性が高く、少額から購入することができます。また、運用することで国や地域のためにもなります。公共債は地域銀行ごとに扱っている商品も異なるので、最寄りの金融機関に確認すると良いでしょう。

運用商品と言うと難しいイメージを持つかもしれませんが、普段利用している定期預金などの預金商品も該当します。ですから、もうすでに資産を運用できている人はたくさんいます。佐賀銀行の支店では、資産運用セミナーを定期的に開催しているので、興味のある方はまずはセミナーをのぞいてみてはいかがでしょうか。

[参考リンク]
2020年の東京オリンピック LINK http://2020tokyo2020.com/
地方公共団体 LINK https://www.j-lis.go.jp/
普段利用している定期預金などの預金商品 LINK http://www.woman110.com/200807/

CONTENTS