頼りになる佐賀銀行

佐賀銀行と地域

佐賀銀行は、地域の人々に親しまれる銀行づくりを心掛けています。そのために、地域密着型金融推進計画をもとにして地域に根付いた活動を行っています。その主な活動は、地元企業の支援です。地元にある中小企業の支援はもちろん、佐賀銀行は新規の事業を始める経営者のサポートも積極的に行っています。

佐賀大学内には、起業家を育成するためのビジネススクール「鳳雛(ほうすう)塾」があり、ここでは経営者を育てる勉強会やセミナーなどを開催していて、起業家になるためのノウハウを学ぶことができます。小学生から社会人まで参加できる項目があるので、佐賀県が行政機関や教育機関と連携して力を入れている取り組みであることがわかります。佐賀銀行と佐賀銀行の関連会社は、この鳳雛塾の賛助会員となっており運営のサポートをしています。自分の力で経済を支えていこう、地元の景気を良くしようと考える若者が増えることは、日本の明るい未来にも繋がりますから、こういった取り組みが国内全体に広がると良いですね。

これに伴い、佐賀銀行では新規事業者やベンチャー企業などに積極的な融資も行っています。ベンチャー企業など、経営の経験が少ない場合、失敗すれば多額の負債が発生するので金融機関側も慎重になりますが、佐賀銀行は事前に綿密な調査をして的確な融資をしています。どんな素晴らしい会社であっても、最初の一歩を踏み出さなければ何も始まりません。佐賀銀行は、融資をした後も各方面からサポートをして、経営の方向性を示しています。

このような取り組みは、地域経済について詳しい情報を得ている地方銀行のような地域金融銀行だからこそできる活動です。今までは、金融商品の利用や銀行業務でしか関わることのなかった銀行ですが、実は身近な地域社会の中で重要な役割を担っていたのです。他にも、清掃活動やコンサートなどのイベント開催といった、日頃の感謝を伝える地域貢献活動も行っています。

[参考リンク]
佐賀大学 LINK http://www.saga-u.ac.jp/
鳳雛塾 LINK http://www.housuu.jp/main/

CONTENTS